フレンドサーバーの使い方


はじめに

本サイトは、海外レンタルサーバーであるフレンドサーバーの使い方を記載しています。

以前は、管理画面が日本語対応された海外レンタルサーバーはいくつかあったのですが、最近では増えるどころか逆に減ってきています。海外レンタルサーバーの中では人気の高いHostGatorなども数年前までは日本語対応されていたのですが、現状では対応していません。

そんな中、フレンドサーバーは日本語対応された数少ない海外レンタルサーバーの1つです。更に嬉しい点は、公式サイトも日本語対応されているところです。知らない人が公式サイトをみると海外のレンタルサーバーだと気が付かないのではないでしょうか?

そして驚くことにサポートも日本語で対応してくれています。私も何度かメールでやり取りしましたが、よくある片言の日本語ではなく完全な日本語です。まず、間違いなく日本の方がサポートされているのだと思います。海外の方があれだけ流暢な日本語を書かれているのであれば驚きです。管理画面はcPanelで慣れている私にとって、Pleskを採用しているフレンドサーバーは使い方で分からない点も出てくると思うので非常に嬉しいサービスです。

会社自体は、ラスベカスにあるようですがサーバー自体はカリフォルニアのシリコンバレーに設置されています。


プランの種類

フレンドサーバーには、お手軽な価格ではじめられる『レンタルサーバー』プラン、高負荷サイトにも適している『専用サーバー』プラン、そしてサーバーの使用台数や帯域幅などユーザーの要望通りにカスタムしてくれる『データセンター』プランの3種類のメインプランがある。


レンタルサーバー
格安でお手頃なプラン。それでいて独自ドメイン無制限に追加可、MySQLも無制限。もちろんアダルトサイトも可。

・月額3ドルから利用可!
・追加ドメイン無制限
・MySQL無制限
専用サーバー
専用サーバーなのでCPUを独占使用できる。占有回線へのアップグレードなど用途に合わせたカスタムも可能となっている。

・用途に合ったカスタム可
・月額118ドルから!
・転送量/月 無制限!
データセンター
要望に応じたサーバー、ネットワーク機器のカスタムが可能。回線も共用、占有、帯域幅など選択ができる。

・希望スペックを見積り
・1Gbps以上専用帯域可
・サーバー持ち込み可



更にこのメインプランの下にもいくつかのサブプランがあります。


レンタルサーバーのサブプラン

下表は、レンタルサーバーのサブプラン別スペック表です。やはり人気が高いのは独自ドメイン、サブドメインが無制限に使用できるベーシックプラン以上。

サブプラン別、スペックの詳細はフレンドサーバー公式サイトでご確認下さい。

[公式サイト・レンタルサーバースペック確認]

plan2


専用サーバーのサブプラン

海外レンタルサーバーを利用する人は、コストパフォーマンスが高いという理由と並んで、アダルトサイトが対応しているからという理由の人が多い。

しかし、サーバーの設置場所が海外なだけにどうしてもアクセス速度に課題が残ります。そこでお勧めできるのがこの専用サーバーです。専用サーバーには、『ライト』『スタンダード』『アドバンス』『プレミアム』の4つのサブプランがあります。

この専用サーバープランの最大の特徴は、『スタンダード』プランにしたいが、HDD容量だけもう少し増やしたい、回線帯域だけもう少し増やしたいといった場合に、自分の好みにカスタムできる点です。詳細は、公式サイトの専用サーバーページでご確認下さい。

[公式サイト・専用サーバースペック確認]

plan3


データセンターのサブプラン

他社ではあまり見かけないプラン。ユーザーの要望に合わせてサーバーの設置から完全にカスタムしてくれます。そのため、料金に関しては見積が必要ですが他のプランなどと異なり不要なものは外し、必要なものは充実させることができる。

このフレンドサーバーのデータセンタ-プランは、サーバーの持ち込みも可とされているので、例えば、サーバーは自社で用意をし、太い回線だけを使用させてもらうといったことも交渉次第では可能になるかもしれません。

どうしても自社でサーバールームを用意しようとすると、停電時のUPS管理やセキュリティ、地震などの天災対策、連続稼働などで熱を発するサーバーのための室温管理、それらを管理する管理者など様々な準備と費用が重なってきます。フレンドサーバーではそういった対策がされたサーバールームが準備されている。更にプロの技術スタッフが24時間365日体制で監視しサーバーの管理を行っているので、自社で用意するよりもコストパフォーマンスが高くなる可能性もあります。

自社でサーバーの運用や見直しを考えている場合は、一度見積もりだけでも行ってみてはどうでしょうか?

[公式サイト・データセンタープラン見積り]

下記は、ラックサイズ別目安料金とユニット数。料金やスペックなどは要望により変わってきます。

plan4

このページの先頭へ