メールの自動返信設定方法


フレンドサーバーで作成したメールアドレス宛てに届いたメールに対して、自動返信する機能があります。

この機能は出張中や長期休暇中で直ぐに相手に返信ができない場合に設定しておくと、定型文を自動的に返信してくれるので非常にありがたい機能です。

それでは早速、メールの自動返信設定手順を解説していきます。

(手順1)
管理画面にまずは、ログインしてください。

ログインURL: https://cpanel.friend-server.com/cp

startup-domain1



(手順2)
[自分の契約]の枠内にある[コントロールパネルでログインする]を選択してください。

wordpress-uninstall2



(手順3)
[メール]タブを選択した後、自動返信をしたいメールアドレスをクリックして下さい。

mail-transfer1



(手順4)
auto-reply1

①自動返信を有効にする:
チェックを有効にしてください。

②自動返信メールの県名:
返信するメールの件名を記載してください。

③メッセージフォーマット:
テキスト形式は、すべてのメールクライアントプログラムでサポートされているため、メール作成者が見ている通りのメッセージがすべての受信者に表示されます。 それに対しHTML メッセージは、様々なフォントやスタイルの書式が使えるため、見た目が良くなります。 しかし、HTMLメッセージに対応していないメールクライアントもあるため、HTMLメッセージ非対応クライアントを使用している受信者には書式付きテキストが正しく表示されない場合があります。

④エンコーディング:
エンコーディングは、テキスト文字をどのように表示するかを決定します。 推奨エンコーディングは UTF-8 です。

⑤自動返信メールのテキスト:
返信するメールの本文を記載して下さい。

⑥転送先:
転送先アドレスを設定しておくと、自動返信が行われた際に転送先アドレスに元のメッセージが転送されます。

⑦Reply to the unique e-mail address not more than:
同じメールアドレスの相手に対して1日辺り何通まで自動応答を返すかの設定です。これを設定しておくことで同じ人が何度もメールを送ってくるたびに自動応答の定形メールが返されるのを防ぎます。デフォルトは、1日1回に設定されています。これは、同じ人がメールを複数送ってきた場合、最初のメールに対してのみ返信されることになります。

8ファイルを添付する:
添付するファイルがあればここで添付します。

設定が終われば、[OK]ボタンを押します。

以上で、メールの自動応答機能の設定手順の解説は終了です。記事の内容が役に立った方は下のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しいです。ご参照ありがとうございました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ