FTPでデーターをアップロードする方法


サーバーにウェブサイトのデーターをアップロードするにはFTPクライアントツールを使用してアップする必要があるのですが、本記事ではFTPクライアントツールを使ってウェブサイトのデーターをアップロードする方法を記載したします。

使用するFTPクライアントツールは、『FileZilla』。日本ではFFFTPと並んで利用者の多いツールですが、画面構成や使い方はほぼ似通っています。

しかし、FFFTPには1点致命的な問題があり私も元々はFFFTPユーザーだったのですが、この問題によりFileZillaに変えました。その問題とは、隠しファイルが見えないという点です。隠しファイルとはファイル名がドット(.)から始まるファイルのことです。

『.htaccess』ファイルを編集する人にとっては問題です。このことを知らずにFFFTPを使用している人は、サーバーに『.htaccess』ファイルが無い!と思う人も多いのではないでしょうか?これを機にFileZillaに変えることをお勧めします。

—————————–
※追記
最新のFFFTPバージョンでは隠しファイルも見えるようになっています。
—————————–

それでは、ツールの設定の解説に入っていきますが、FTPアカウントを未作成の方はまずは、『FTPアカウントの作成方法』の記事を参考にFTPアカウントを作成して下さい。


1.FileZillaのインストールファイルをダウンロードする

まずは、FileZillaのインストールファイルをダウンロードして下さい。私がこの記事を書いている時点での最新バージョンは、『FileZilla_3.9.0.6』でした。ダウンロードサイトは英語サイトですが、FileZilla自体は日本語対応されているのでご心配なく。

https://filezilla-project.org/

ftp-tools1


下図画面が開いたら[Download Now]ボタンを押してダウンロードを開始して下さい。
ftp-tools2


2.FileZillaをインストールする

ダウンロードしたFileZiilaのインストーラーを使ってFileZillaをインストールして下さい。


3.FileZillaの設定を行う

(3-1)
FileZillaを起動し、[ファイル]⇒[サイトマネージャー]の順で開いて下さい。

ftp-tools3



(3-2)
[新しいサイト]をクリックする
分かりやすい名前に変更する
ドメイン名を入力する
ログオンの種類:「通常」を選択する
 ユーザ:FTPアカウントを作成した際のユーザ名を入力
 パスワード:FTPアカウントを作成した際のパスワードを入力

入力が終わったら[接続]ボタンを押して下さい。設定が正しければ、サーバーに接続され、サーバーのフォルダが表示されます。

ftp-tools4


4.ウェブサイトのデーターアップロード先

FTPクライアントツールでサーバーに接続すると下図のようなディレクトリ構成が表示されます。『httpdocs』フォルダがドキュメントルートでウェブサイトのデーター格納先になります。

マルチドメインでドメインを追加した場合は、『hosting-server.xyz』の様に別途、そのドメイン用のデーター格納フォルダが生成されるのでウェブサイトのデーターはそちらに格納するようにして下さい。

ftp-tools5

以上で、FTPクライアントツールを使ってウェブサイトのデータをアップロードする方法は終了です。ご不明な点があればサイト上部の問い合わせフォームからご連絡下さい。

記事の内容が役に立った方は、下のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しいです。ご参照ありがとうございました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ