メールソフトの設定方法


フレンドサーバーで作成したメールアドレスをOutlookや秀丸メール、Thunderbirdといったメールソフトで送受信する方法を記載いたします。


メールソフト設定情報

メールソフトを設定するにあたり、下記の情報が必要になります。

受信メールサーバー mail.ドメイン名
送信メールサーバー mail.ドメイン名
ユーザー名 メールアドレス
パスワード 設定したメールパスワード
送信メールポート番号 587

※「受信メールサーバー」と「送信メールサーバー」について
作成したいメールアドレスが「admin@friend-server.jpn.com」の場合、『mail.friend-server.jpn.com』がそれぞれのメールサーバーアドレスとなる。


Outlook2013の設定方法

基本的には、設定画面が異なるだけで設定する内容はどのメールソフトも同じなのでここでは、Outlook2013を使ってメールアドレスの設定方法を記載致します。

(手順1)
Outlook2013を立ちあげたら[アカウントの追加]ボタンを押して下さい。

mail-setting4

上図がどこの画面が分からなくて現状、下図の画面が開かれている場合は、[ファイル]タブをせんたくすることで上図の画面が表示されます。

mail-setting5



(手順2)
[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)]を選択し、[次へ]ボタンを押して下さい。

mail-setting6



(手順3)
[POPまたはIMAP電子メールアカウントに接続します]を選択し、[次へ]ボタンを押して下さい。

mail-setting7



(手順4)
mail-setting8

①名前:
名前を入力して下さい。ここで入力した名前は、メールを受信する相手側のFromに表示されます。

②電子メールアドレス:
設定したいメールアドレスを入力して下さい。

③アカウントの種類:
[POP3]もしくは、[IMAP]を選択して下さい。他のメールソフトやスマホなど複数のメールソフトで、メールの送受信を行う予定の方は、IMAPを選択して下さい。ただし、IMAPはメールサーバー上にメールが保存されたままになるので、メールボックスの容量がいっぱいにならないように定期的に削除するようにして下さい。POP3を使用する場合は、メールソフトにメールが受信された後、サーバーのメールは自動的に削除されます。

④受信メールサーバー:
mail.ドメイン名
の書式で入力して下さい。

例)
作成したいメールアドレスが「admin@friend-server.jpn.com」の場合、『mail.friend-server.jpn.com』がそれぞれのメールサーバーアドレスとなる。

⑤送信メールサーバー:
「受信メールサーバー」と同じ

⑥アカウント名:
アカウント名は、メールアドレスになります。

⑦パスワード:
パスワードを入力して下さい。

上記が一通り入力終われば、⑧[詳細設定]ボタンを押して下さい。



(手順5)
[送信サーバー]タブを開き、[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックを入れて下さい。更に[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]が選択されていることを確認した後、[OK]ボタンを押して下さい。

mail-setting9



(手順6)
再び「POPとIMAPのアカウント設定」画面に戻ってきたら、特に何も変更せずに[次へ]ボタンを押して下さい。

mail-setting10



(手順7)
テストメールの送受信が行われます。特にエラーがなにもなく完了すれば、[閉じる]ボタンを押して閉じて下さい。

mail-setting11



(手順8)
[完了]ボタンを押して終了です。

mail-setting12

以上でメールソフトの設定は終了です。もし、Outlook2013以外のメールソフトを使用されようとしている方で上記の内容では設定方法がわからないという方は、サイト上部の問い合わせフォームからご連絡下さい。

記事の内容が参考になった方は下のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しいです。ご参照ありがとうございました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ