ウェブメールでメールの送受信をする方法


フレンドサーバーで作成したメールアドレスをウェブメールを使って送受信する方法を記載致します。ウェブメールを使うことにより、外出先でもメールを確認することができるようになります。

フレンドサーバーには、『horde』というウェブメールが用意されており特に設定も必要なく直ぐに使えるのですが、この『horde』を使うよりも普段利用している『Yahooメール』や『Gmail』の方が使い勝手がいいので、ここでは『Yahooメール』での設定方法を記載致します。『Gmail』に関しても設定方法は基本的には同じですが、もし分からないといった方がおられればサイト上部の問い合わせフォームからご連絡頂ければ対応させて頂きます。


Yahooメールの設定方法

下記手順は、Yahooメールのアカウントが既に取得済みなのを前提に記載しているんで、Yahoo IDを持っていない方はまずはそちらを先に取得して下さい。

(手順1)
まずは、Yahooメールにログインして下さい。

webmail1



(手順2)
ログインすると、画面右上に[設定・その他]というリンクがあるのでクリックしてください。

webmail2



(手順3)
[メールの設定]をクリックして下さい。

webmail3



(手順4)
画面左のリスト内に[メールアカウント]があるので、クリックしてください。

webmail4



(手順5)
下図の様なメッセージが表示されます。[OK]を押して閉じてください。

webmail5



(手順6)
下図の画面が表示されたら、[追加]ボタンを押して下さい。

webmail6



(手順7)
[メールアドレス]
にフレンドサーバーで作成したメールアドレスを入力して下さい。

[名前]
任意の名前で結構ですが、メールを送信した際に受信した相手側のメールのFrom欄に表示されるので誰か分かるように名前を入力して下さい。

入力後、[続ける]ボタンを押して下さい。

webmail7



(手順8)
POPサーバーの設定になります。

[メールサーバー]
mail.ドメイン名
の書式で記入して下さい。フレンドサーバーで作成したメールアドレスが「admin@friend-server.jpn.com」の場合、『mail.friend-server.jpn.com』メールサーバーアドレスとなります。

[アカウント]
メールアドレスがアカウントとなります。メールアドレスを入力して下さい。

[パスワード]
フレンドサーバーでメールアドレスを作成した際に設定したパスワードを入力して下さい。

入力が終わったら、[「プライバシーの考え方」および「Yahoo!メールガイドライン」に同意する]にチェックを入れ、[メールサーバーを設定]ボタンを押して下さい。

webmail8



(手順9)
[確認メール送信]ボタンを押して下さい。ボタンを押すと、登録したメールアドレス宛てに確認コードが送られます。他人のメールアドレス等を勝手に追加したり、不正防止のためですね。メールクライアントで確認コードを受信して下さい。メールクライアントの設定がまだで確認コードが見れないという人はまずは、『メールクライアントの設定方法』を参考に設定して下さい。

webmail9



(手順10)
確認コードを入力し、[確認]ボタンを押して下さい。

webmail10



(手順11)
メール送信時に今回追加したメールアドレスを使って送信したい場合は、メールの新規作成の際にFromのリストボックスから選択することができます。

webmail11

以上でウェブメールを使ったメールの送受信設定は終了です。記事の内容が役に立った方は下のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しいです。ご参照ありがとうございました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ